カテゴリー:日本人専用自宅トレーニング進捗

記事一覧

いきなり1.5キロ痩せたのは中身が出ただけか?日本人専用自宅トレーニング1週目2回目

 
筋力トレーニング - 日本人専用自宅トレーニング進捗 - 日記 - ダイエット - 置き換えダイエット


日本人専用自宅トレーニング1週目の2回目になります。第1週は準備期間なのか2回しかありませんので、今週はこれで終わりです。

体重69.6キロ-4.5キロ
体脂肪率21.8パーセント-0.2パーセント

1.5キロいきなり減っているのはびっくりですが、思い当たる節がありまして、トイレに大の方を3回行っておりまして、ほぼ中身が出たから一気に体重が減っているのだと思います。太ってた頃は60キロ台というともっと腹筋割れて細マッチョのイメージでしたが、実際なってみますと全然お腹がまだ出てる状態です。何キロぐらいまで行くとお腹より胸の方が出るようになるんでしょうかね?

朝食について


とりあえず今日からの食事に関しましてですが、とりあえず朝食は写真のようにサラダと無脂肪乳でシェイクしたプロテインを食べております。米を食べていない為、お通じが悪くなったら玄米フレークを足そうかと思っておりましたが、前述の通りトイレの回数が3回などで、その辺の懸念はないかなと思い、現状これで行きたいと思います。

種目名秒数
1種目目オープンレッグプッシュアップ340秒
種目間インターバル60秒
2種目目ラットプレス420秒
種目間インターバル60秒
3種目目ワンアームスタンド500秒
種目間インターバル60秒
4種目目リバースプッシュアップ340秒
種目間インターバル60秒
5種目目ワンレッグランジ500秒
種目間インターバル60秒
6種目目サイドタッチ500秒
種目間インターバル60秒
7種目目ダブルクランチ340秒

合計3300秒(55分)
プログラムBも1時間弱となっており、ストレッチを含めればやはり1時間前後と言うところでしょう。
プログラムBの難所としてはワンレッグランジではないでしょうかね?やり方が間違ってると膝が痛くなります。
何故痛くなるかという原因をやり方を模索して気づいた部分は、お尻に力を入れるのが、重要という事ではないでしょうか?
たぶんこの序盤の段階だと力が入らず膝を動かして上下しようという意識をしてしまいますが、これをお尻の筋肉を使って体を上下すると言う意識を持ち、あくまでもついでに膝関節が動いているという感覚でやるといたくなくなりました。これはあくまでも当方が日本人専用自宅トレーニングをやっていての主観ですので、あらかじめご了承ください。
あとはリバースプッシュアップは肩をすくめないという部分も気を付けないと肩を動かしているだけで、全然腕に効いていないという事になってしまいます。

という事で日本人専用自宅トレーニングとGowvikes(で)ダイエット1週目にして早くも1.5キロ減っておりますが、土日は普通に食べる計画ですのでたぶん月曜の段階で戻ってはいると思いますが順調な滑り出しではないでしょうか?

腹筋ローラーは背筋ローラーって名前の方いいんじゃないのか?

 
筋力トレーニング - 日本人専用自宅トレーニング進捗 - 筋力トレーニング

日本人専用自宅トレーニングに腹筋ローラーを組み合わせる。

著作権の問題もあり、購入した人しかわからないような書き方になってしまうのが、もどかしいですが、日本人専用自宅トレーニングも3週目の終った今日この頃です。
始めの頃は半分もできなかったのが今となっては懐かしい思い出で、2種類のトレーニングメニューの内各2番目の項目が背中のトレーニングになるわけなのですが、結構余裕が出てきまして、若干物足りなさを感じておりまして、4周目からはなんらか背中のトレーニングをプラスしたいと思っております。
で、ちょっといろいろ調べておりますが、背中のトレーニングで高負荷をかけようとすると、やはり、ダンベルか懸垂バーが必要となります。その点、日本人専用自宅トレーニングは椅子だけで、背中のトレーニングができるのが、こんなやり方あったのね!と目から鱗な感じでした。出張先のホテルでもそのままやることができますし。
とりあえず、買う前にものは試しで近所の公園で鉄棒にぶら下がってやってみました。…2回しかできませんでした。
これは筋トレにもならないので他の代替手段はないかと、ネットをうろうろしていたところ
腹筋ローラーは実際腹筋よりも背筋の方が鍛えられるという記事が多数ありましたので、実際試してみました。

続きを読む

日本人専用自宅トレーニング2周目終了

 
筋力トレーニング - 日本人専用自宅トレーニング進捗 - 筋力トレーニング

日本人専用自宅トレーニング結果

日本人専用自宅トレーニング2周目終了いたしました。ということで、体重公表してなかったのですが、スタート84.2キロから終了時77.2キロということで6週間を2周の計12週間で7キロ減という結果でした。基本この教材とほかに何をやったかといいますと、プログラムで下腿三頭筋と上腕2頭筋と前腕屈筋群が足りませんので、そこの部分の筋トレを自分なりに追加しております。月曜水曜金曜日が日本人専用自宅トレーニングで、火曜日木曜日を足らない部分の筋トレにあてています。具体的な種目に関しては別の記事に書きたいと思います。

とりあえず感想なんですが、6週間で劇的な減量を期待するとがっかりしてしまいますが、やったら結果自体は確実にでます。6週間てのは正直煽りすぎで、12週間で考えた方がいいと思います。

何故かというとグラフを見てもらうとわかると思うのですが、一か月目は順調に下がるのですが、2か月目でピタッと減らなくなり3か月目でまた減り始めていますので、個人差はあるのかもしれないですが、6週間目の所でゴールだと思ってしまうとがっかりしてしまうかもしれないです。ネットで調べるとやはり一か月目か体重が-5パーセント減ったあたりが停滞期になるという記事が多いので、大体の人がそうなるんだと思われます。「ホメオシタス機能」といい、食べ物が減ったときに生き延びるための人間に備わってる機能ですので避けられないです。そこが終了時点とかぶってしまうので6週目で終わりにしてしまうと、あと2週間ぐらいで停滞期が脱出できるのにやめてしまうということになってしまい非常にもったいないと思います。

あとそもそも一周目は書いてあるフォームで書いてある回数を全くといっていいほどこなせない為、本来の効果が出てないと思われます。プッシュアップなどは最初のシングルセットでさえ10回できなかったです。時間も35分と書いてありますが、これは種目間を休まずに連続でやった場合の時間ですので、1時間はかかります。連続でやれば有酸素運動の様な効果も期待できるのかもしれないですが、とてもじゃないけど無理でした。なので、これは周回を何週もしていくうちにさらに効果が出てくる気が感覚としてあるので、6週間で終わりと考えるのではなく6週間を1周として目標体重まで周回していくというスタンスの方が良いと思います。

食べ物に関してはライザップほど厳密にはいわれず、結構大まかな感じでできますので、はるかにやりやすいです。あと何よりもメリットなのが、他のサイトでメールサポートが無いみたいなことが書いてある所があるのですが、それはアフィリ目的で実際やってない人だと思うのですが、メールで質問すると返事が非常に速いです。夜質問のメールを送ると朝返事が返ってくることが多いので、食べ物やプロテインの取り方と筋トレのわからない部分に関しては結構ガンガン質問してました。単純にPDFファイルと動画だけだと19800円てぼったくりじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、メールで質問できるというのを加味すると「パーソナルトレーニング メール」で検索するとこのサイトが出てきますので、比較すると3か月が28000円ですので、かなりお得なのが分りますが、女性向けではない為、女性はそちらの方になるんだとは思います。

目標体重は66キロに設定てますので、引き続き周回していきつつ、食事を気にしだしたのが、9月に入ってからでしたので、今回は食事もテキストに従いつつやっていきたいと思います。

日本人専用自宅トレーニングをやっている間の食事

 
筋力トレーニング - 日本人専用自宅トレーニング進捗 - 筋力トレーニング

しばらくぶりの投稿となっております。日本人専用自宅トレーニングに関しましては2周目が終了するところで結局書いても同じため、投稿しておりませんでしたので、食事面で変えた部分がるので、追記します。

日本人専用自宅トレーニングの2周目を始めるにあたって、やはり食事療法もなんらか加えた方が速度も加速するだろうと思いまして、いちおう付属のテキストには食事の考え方が書いてあり、ライザップなどの糖質制限なんかよりは見た目で考えて食事を選ぶ方法なためコンビニなどの惣菜でもアバウトな考え方でやりやすいのですが、もう少しカロリー計算なんかもちゃんとした方が良いと思い、かといって毎回朝昼晩をカロリー計算するのも面倒だということで、ちょっと方法を考えました。
昔買ったレコーディングダイエットには一日の合計カロリーが1500キロカロリーいかになるようにとあったので、
朝はフレンチドレッシングをかけたサラダが82キロカロリーとツナおにぎり1個204キロカロリー
昼はマックスバリューのサラダチキン 112キロカロリー シラスサラダ62キロカロリー
これで朝昼で460キロカロリーなので、のこり1040キロカロリーを夕食に充てるという計算だと間食しない限り1500キロをオーバーすることはないだろうという計算です。
一般的には夕食を低カロリーにした方が良いといわれておりますので、昔レコーディングダイエット流行ってた頃にやろうとして、結局は飲みにいったりなんだと、なし崩しにやらなくなったので、3食をどうやって食べているかということを見直してみると、朝はバナナと牛乳で昼は出先のコンビニかファーストフード店で外食、夜が特に決まっていないという状態だったので、基本的には朝と昼の食事に関しては、楽しみとしてはとらえておらず、完全に栄養補給と空腹を満たすためにおなかに物を入れるという意識しか持っていない為、食べるものを固定化して飽きてしまっても、それほど苦痛は感じないだろうと思い、朝と昼を上記のような形で完全に固定する形で行こうと思います。あと上記プラスプロテインを朝と筋トレ後と寝る前に加えます。ちょっとこれでどうなったかは、次の記事で書いてみたいと思います。これでダメな場合は、調べてみてほかに気になったものは、サバ缶を食べるというのが、あったため、サバの水煮缶を、昼のサラダチキンの代わりに適宜加えていきたいと思っています。