日本人専用自宅トレーニングをやっている間の食事

 
筋力トレーニング - 日本人専用自宅トレーニング進捗 - 筋力トレーニング
日本人専用自宅トレーニングをやっている間の食事

しばらくぶりの投稿となっております。日本人専用自宅トレーニングに関しましては2周目が終了するところで結局書いても同じため、投稿しておりませんでしたので、食事面で変えた部分がるので、追記します。

日本人専用自宅トレーニングの2周目を始めるにあたって、やはり食事療法もなんらか加えた方が速度も加速するだろうと思いまして、いちおう付属のテキストには食事の考え方が書いてあり、ライザップなどの糖質制限なんかよりは見た目で考えて食事を選ぶ方法なためコンビニなどの惣菜でもアバウトな考え方でやりやすいのですが、もう少しカロリー計算なんかもちゃんとした方が良いと思い、かといって毎回朝昼晩をカロリー計算するのも面倒だということで、ちょっと方法を考えました。
昔買ったレコーディングダイエットには一日の合計カロリーが1500キロカロリーいかになるようにとあったので、
朝はフレンチドレッシングをかけたサラダが82キロカロリーとツナおにぎり1個204キロカロリー
昼はマックスバリューのサラダチキン 112キロカロリー シラスサラダ62キロカロリー
これで朝昼で460キロカロリーなので、のこり1040キロカロリーを夕食に充てるという計算だと間食しない限り1500キロをオーバーすることはないだろうという計算です。
一般的には夕食を低カロリーにした方が良いといわれておりますので、昔レコーディングダイエット流行ってた頃にやろうとして、結局は飲みにいったりなんだと、なし崩しにやらなくなったので、3食をどうやって食べているかということを見直してみると、朝はバナナと牛乳で昼は出先のコンビニかファーストフード店で外食、夜が特に決まっていないという状態だったので、基本的には朝と昼の食事に関しては、楽しみとしてはとらえておらず、完全に栄養補給と空腹を満たすためにおなかに物を入れるという意識しか持っていない為、食べるものを固定化して飽きてしまっても、それほど苦痛は感じないだろうと思い、朝と昼を上記のような形で完全に固定する形で行こうと思います。あと上記プラスプロテインを朝と筋トレ後と寝る前に加えます。ちょっとこれでどうなったかは、次の記事で書いてみたいと思います。これでダメな場合は、調べてみてほかに気になったものは、サバ缶を食べるというのが、あったため、サバの水煮缶を、昼のサラダチキンの代わりに適宜加えていきたいと思っています。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL