日本人専用自宅トレーニング2周目終了

 
筋力トレーニング - 日本人専用自宅トレーニング進捗 - 筋力トレーニング
日本人専用自宅トレーニング2周目終了

日本人専用自宅トレーニング結果

日本人専用自宅トレーニング2周目終了いたしました。ということで、体重公表してなかったのですが、スタート84.2キロから終了時77.2キロということで6週間を2周の計12週間で7キロ減という結果でした。基本この教材とほかに何をやったかといいますと、プログラムで下腿三頭筋と上腕2頭筋と前腕屈筋群が足りませんので、そこの部分の筋トレを自分なりに追加しております。月曜水曜金曜日が日本人専用自宅トレーニングで、火曜日木曜日を足らない部分の筋トレにあてています。具体的な種目に関しては別の記事に書きたいと思います。

とりあえず感想なんですが、6週間で劇的な減量を期待するとがっかりしてしまいますが、やったら結果自体は確実にでます。6週間てのは正直煽りすぎで、12週間で考えた方がいいと思います。

何故かというとグラフを見てもらうとわかると思うのですが、一か月目は順調に下がるのですが、2か月目でピタッと減らなくなり3か月目でまた減り始めていますので、個人差はあるのかもしれないですが、6週間目の所でゴールだと思ってしまうとがっかりしてしまうかもしれないです。ネットで調べるとやはり一か月目か体重が-5パーセント減ったあたりが停滞期になるという記事が多いので、大体の人がそうなるんだと思われます。「ホメオシタス機能」といい、食べ物が減ったときに生き延びるための人間に備わってる機能ですので避けられないです。そこが終了時点とかぶってしまうので6週目で終わりにしてしまうと、あと2週間ぐらいで停滞期が脱出できるのにやめてしまうということになってしまい非常にもったいないと思います。

あとそもそも一周目は書いてあるフォームで書いてある回数を全くといっていいほどこなせない為、本来の効果が出てないと思われます。プッシュアップなどは最初のシングルセットでさえ10回できなかったです。時間も35分と書いてありますが、これは種目間を休まずに連続でやった場合の時間ですので、1時間はかかります。連続でやれば有酸素運動の様な効果も期待できるのかもしれないですが、とてもじゃないけど無理でした。なので、これは周回を何週もしていくうちにさらに効果が出てくる気が感覚としてあるので、6週間で終わりと考えるのではなく6週間を1周として目標体重まで周回していくというスタンスの方が良いと思います。

食べ物に関してはライザップほど厳密にはいわれず、結構大まかな感じでできますので、はるかにやりやすいです。あと何よりもメリットなのが、他のサイトでメールサポートが無いみたいなことが書いてある所があるのですが、それはアフィリ目的で実際やってない人だと思うのですが、メールで質問すると返事が非常に速いです。夜質問のメールを送ると朝返事が返ってくることが多いので、食べ物やプロテインの取り方と筋トレのわからない部分に関しては結構ガンガン質問してました。単純にPDFファイルと動画だけだと19800円てぼったくりじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、メールで質問できるというのを加味すると「パーソナルトレーニング メール」で検索するとこのサイトが出てきますので、比較すると3か月が28000円ですので、かなりお得なのが分りますが、女性向けではない為、女性はそちらの方になるんだとは思います。

目標体重は66キロに設定てますので、引き続き周回していきつつ、食事を気にしだしたのが、9月に入ってからでしたので、今回は食事もテキストに従いつつやっていきたいと思います。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL