プロテインの取り方その2

 
筋力トレーニング
プロテインの取り方その2

前回プロテインの取り方について書いてるつもりですが、結局は書いてないようだったので、改めて書きたいと思います。

一般的にプロテインの取り方は寝る前と朝と筋トレ直後といわれておりまして、当方もそれに従っております。なぜかという部分を本人も頭を整理したいので書いていきます。

まず寝る前にプロテインをとるのがなぜいいかということですが、日本人専用自宅トレーニングでも言及している成長ホルモンが、睡眠をしている間は多く起きているときよりも多く分泌されております。

そもそも成長ホルモンとは何かといいますと、体の機能をコントロールすることや筋肉の増加を促す役割があります。そして最大の特徴は成長ホルモンの分泌されるとタンパク質の吸収が促されることです。つまりタンパク質の吸収量が多くなる就寝中に体内にタンパク質を取り込んでおけば筋肉量を増やすことができるため、寝る30分~一時間前にプロテインを飲むことが推奨されております。

この30分から1時間前というのが、寝るすぐ前でいいんじゃ?と思ってたのですが、これはプロテインが体に吸収されるのが時間がかかるからということです。

また、朝はなぜプロテインをとると効果的かというところですが、朝は上記のように寝てる間に成長ホルモンが分泌され筋肉を作ったりするために、体の中の水分や栄養素を使ってしまい、枯渇している状態になっています。同時にタンパク質も欠乏しています。よって朝起きてすぐに欠乏しているタンパク質を取るのが筋肉の成長を助けることになります。

ちなみに朝食をぬいてプロテインだけ飲んでもタンパク質は補われますが、ビタミンやミネラルが不足してしまうため、野菜やフルーツ類と炭水化物はとった方が良いとの事です。どうしても食事がのどを通りづらくプロテインだけで済ましたい場合はビタミンやミネラルの入っている、プロテインを飲んだ方が良いです。

あとは筋トレ直後ですが、筋肉が張るため知識が無いときは勘違いしてましたが、筋トレ直後は筋肉が成長してるわけではなく筋肉が傷ついてる状態です。また筋トレ直後は、大量にエネルギーを消費したため、飢餓状態になっております、よってその傷ついた状態から筋肉を修復するためにはタンパク質を補給するとプロテインが吸収されやすくなってます。またこのタンパク質同化作用は運動後45分以内がピークとなっているため、筋トレ後45分以内にタンパク質を取ることが良いとされている理由です。ちなみに当方はビーレジェンドを使っております。何故かといえば、完全に値段で選びました。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL