• 間食は食べたが体重は減少。日本人専用自宅トレーニングとGowvikes(ガウビケス)でダイエット第3週2回目

間食は食べたが体重は減少。日本人専用自宅トレーニングとGowvikes(ガウビケス)でダイエット第3週2回目

 
日記 - 筋力トレーニング - ダイエット - 置き換えダイエット
体重69.0キロ-0.7キロ
体脂肪率21.7パーセント-0.1パーセント

ということで進捗状況としては-0.7キロとなっております。

 

ちなみに本日余分に食べたものとしてはバタートースト半切れ(208キロカロリー)ゆでたまご151キロカロリーということで、結構間食してしまってますが、減っております。

 

しかしたぶん金曜日の測定日は減っていない気がいたします。

 

最近わかってきたのは、一日の内のどこかの時点で、空腹感がある時間がある時の測定は減っていますので、やはりある程度は空腹感は我慢しなければならないのかと思います。

 

お腹が減らずに痩せられたらそれは理想ではありますが、現実問題として、それは幻想だなと。

 

だからこそ、当方が土日は普通に食べるように、どこかの時点で、ガス抜きをする日を作らないと挫折してしまう要因になるのではないかと。

第3週2回目の所要時間ですが、こうなっております。

種目名秒数
1種目目プッシュアップ270秒
種目間インターバル60秒
2種目目プルオーバー270秒
種目間インターバル60秒
3種目目ダウンドッグプレス670秒
種目間インターバル60秒
4種目目ナロウプッシュアップ190秒
種目間インターバル60秒
5種目目バックランジ430秒
種目間インターバル60秒
6種目目ワンレッグデッドリフト350秒
種目間インターバル60秒
7種目目クランチ350秒

合計2890秒(48分10秒)という事でこちらも1回目と同じくインターバルが短いため、40分台半ばとなっております。

 

さらに言えば、各種目4セット分すべて回数をこなすことは、ほぼ不可能ですので、実質はもっと短くなると思います。

 

この週でネックになってくるのはダウンドッグプレスからのナロウプッシュアップですね。

 

ダウンドッグプレスが一応肩のトレーニングですが、肩の力がないうちは腕の方をかなり使ってしまっていますので、ナロウプッシュアップをいざやろうとするときに初めてやる時などは一回もできない可能性があります。

 

あともう一つナロウプッシュアップで気を付けないといけないと思った事なのですが、解説ですと、手をつく幅を狭くしなければならないと書いてあるのですが、これもあまり初めのうちから厳密にやろうとすると、次の日に肘が強烈にいたくなります。元がある程度筋肉がある方はそうでもないかもしれません。

 

なので、筋力の無いうちは、それほど手を内側にやらずに普通の腕立て伏せでやった方が、無難かもしれません。

 

という事で、今のところ停滞をせずに順調に減っております。一応6週目が終わる時点でどうなのかですが、66キロ台とかはハードル高すぎですかね?

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL