みんなで筋肉体操のブルガリアンスクワットを参考。日本人専用自宅トレーニングとGowvikes(ガウビケス)でダイエット第4週2回目

 
筋力トレーニング - 日本人専用自宅トレーニング進捗 - 日記 - ダイエット - 置き換えダイエット
体重69.3キロ-0.7キロ
体脂肪率21.7パーセント0パーセント

はい、という事で前回より-0.7キロとなっております。

 

70キロとなったとkは土日にやっちまった感がありましたが、週の真ん中で先週よりも+0.2キロであれば、最終的に金曜日の段階で-0.2キロ以上にできるかなと楽観視しております。

 

前回に引き続き昼はGowvikes(ガウビケス)1袋にサラダチキン1個丸かじりという昼食になっております。

 

今回仕事も倉庫作業など結構体を動かしましたが、腹持ちは結構良かったです。さすがに5時ぐらいにはお腹が減りましたが、Gowvikes(ガウビケス)2袋の時は3時ぐらいに減ってましたので、かなり違います。

 

という事で当方としてはGowvikes(ガウビケス)1袋とサラダチキン1個というのが、1食分としてベストではないかと考えております。

 

さて日本人専用自宅トレーニング2回目です。こちらも下半分しかやらないやり方になります。

種目名秒数
1種目目オープンレッグプッシュアップ340秒
種目間インターバル60秒
2種目目ラットプレス580秒
種目間インターバル60秒
3種目目ワンアームスタンド628秒
種目間インターバル60秒
4種目目リバースプッシュアップ340秒
種目間インターバル60秒
5種目目ワンレッグランジ372秒
種目間インターバル60秒
6種目目サイドタッチ500秒
種目間インターバル60秒
7種目目ダブルクランチ372秒

合計3492秒(58分12秒)

 

大体60分という時間になります。

 

下半分の動きでという場合のプログラムBですが、5番目のワンレッグランジと6番目のサイドタッチがいまいち効いてる実感がわかない為、なんらか間違ってるのでしょうかね?

 

このプログラムだけではないですが、ワンレッグランジとAプログラムのバックランジはどうにも膝が痛く感じてしまいます。

 

とりあえずいろいろ調べた中に「みんなで筋肉体操」というのがNHKでやっておりまして、スクワットの日があったのですが、その中に日本人専用自宅トレーニングでやるワンレッグランジと同じ動きの説明があります。

2分40秒から解説がありますが、そこで片足でやるワンレッグランジはブルガリアンスクワットという名前になっております。

 

姿勢なのですが、こちらでは上半身を前傾させると自然と膝がつま先より前に出なくなるとのことです。今回やった後に見つけましたので、今回はやっておりませんが。

 

やり方がかなり違いますので、こっちを参考にしてみると膝が痛くなくなるのかとも思っておりますので、次回試してみたいと思います。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL