なぜダイエットに食事だけでなく運動が必要なのか

 
筋力トレーニング
なぜダイエットに食事だけでなく運動が必要なのか

日本人専用自宅トレーニングではなぜ食事とトレーニングに関する資料が同じぐらいあるのか?

筋力トレーニングや有酸素運動とダイエットは密接な関わりがあります。ダイエットをしようと考えたとき、まず食事を見直そうと考えると思います。。
しかし、適度な筋力トレーニングや有酸素運動は、ダイエットとは切っても切れない関係にあります。
筋力トレーニングと運動は、ダイエットにどのように影響するのでしょうか?

ダイエットというのはそもそも燃やすカロリーと、食事などで得るカロリーのつり合いが、燃やすカロリーの方が多くなることによって、ダイエット効果につながります。
そして、現代において肉体労働ではなくデスクワークメインの仕事をしている方は消費カロリーを増やすためには、日常生活だけでは燃やすカロリーの方を食事よりも多くするためには筋力トレーニングや有酸素運動をしなければなりません。

筋力トレーニングと有酸素運動

言い換えれば、食事などでカロリーを摂取しても、筋力トレーニングや有酸素運動をして全て燃やし尽くしてしまえが、体脂肪として蓄積されたりはしません。

筋力トレーニングと有酸素運動の違いについて

無酸素運動

 
筋力トレーニングは無酸素運動と言われております。
無酸素運動とは短時間で全力に近い力を必要とする運動で酸素を必要としない運動です。筋力トレーニングや短距離走、投てき、相撲など、短い時間に全力を出し切らなければならない運動が無酸素運動と言えます。

有酸素運動

 有酸素運動とは有酸素運動とは、軽い、もしくは中程度の負荷を継続的にかける運動のことです。筋肉を動かすエネルギーである脂肪を燃焼させることに酸素が必要となる為に、有酸素運動といいます。水泳、ジョギング・ウォーキング、サイクリング等長い時間継続的に運動し続けなけらばならないスポーツがこれにあたります。
無酸素運動では糖質を、有酸素運動では脂質を使うという違いがあります

有酸素運動と無酸素運動をうまく組み合わせて自宅トレーニングをする。

新陳代謝の高い脂肪燃焼体質になるには、運動で筋肉をつけ、心肺の機能を向上させることです。
じっとしていてもカロリーを消費する体質になるためには、筋肉量をアップさせカロリー消費を増やし、基礎代謝を高めていくことが最善の道です。
またせっかくトレーニングや有酸素運動をしても、むくみ体質や、冷え性、骨格に歪みがあるとダイエットや筋力トレーニングは滞りがちです。
よってダイエット効果の得やすくするためには、ストレッチで体の歪みや硬さを矯正し筋力トレーニングで筋肉量を増やして消費カロリーを増やして有酸素運動で脂肪を燃焼していくことが、必要です。
 女性では筋力トレーニングを「ムキムキになる」などと言って敬遠する方もいらっしゃいますが、中村アンさんとかムキムキでしょうか?あの方も相当筋トレしてらっしゃいますが、非常にバランスの取れたプロポーションをしてらっしゃいます。運動して筋肉が適度についてくると女性らしいメリハリがつき、美しいボディラインになります。。

筋トレや有酸素運動を日常生活に組み込む

今まで運動して来なかった方は、運動に苦手意識があり、体を動かしたくないという人もいます。僕もたまたまネットで日本人専用自宅トレーニングを発見するまでは、ダイエットしないといけないと思いながらも何もしませんでした。
けれども、日本人専用自宅トレーニングは週3回の為普段の生活に組み込みやすく、自分でトレーニングメニューを考えたりといった負担が少ないため、ダイエットはよりスムーズに進みます。
筋力トレーニングや有酸素運動をしながらダイエットをすることで、体の負担の少ない体重の減らし方ができます。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL