• 40代の男性と女性の器具ダイエット商品と食品ダイエット商品の使い分け

40代の男性と女性の器具ダイエット商品と食品ダイエット商品の使い分け

 
ダイエット
40代の男性と女性の器具ダイエット商品と食品ダイエット商品の使い分け

ダイエット商品、何を選ぶ?

ダイエットをしようと思い立ったとき、一番先に考えたことって何でしょう?
テレビやインターネット上では本当にたくさんのダイエット商品が紹介されています。
広告を見てこのダイエットを試してみよう、と思ったのならもちろん迷うことはありません。

 

でも、漠然とであったり、目的があったりしてダイエットをしようと思ったときは、どんなダイエット商品を選べばいいのか迷ってしまいますよね。
何を選んだらいいのか、ここでは目的別にみていきたいと思います。

 

【ダイエット.com TV】女性向け手軽に出来る簡単な方法

運動タイプでシェイプアップ

衰えの感じる40代の健康維持や運動不足解消、バランスの取れた身体づくりのためであれば、長期的に続ける運動を取り入れるのがよいでしょう。

 

ジョギングやウォーキングなど、お金をかけずにできる有酸素運動ダイエットもおすすめですが、難点は天候に左右されるというところです。

男性であれば平気かもしれませんが、女性の場合、夕方以降でなければ時間がとれないといったとき、屋外でジョギングやウォーキングをするのには不安や抵抗感もあるでしょう。

 

その点、ダイエット商品のランニングマシンやエアロバイクは雨が降ろうが強風だろうが、自宅で毎日続けることができます。

 

また、テレビを見ながら、音楽を聴きながら、手軽にできるのがベルトタイプの振動系エクササイズです。面倒くさがりやさんにはもってこいの筋トレシェイプアップですね。

 

疲労感によるダイエットの充足感を得たいというときには、脚をスライドさせるタイプのマシンや腹筋マシンなどがあります。

揺れやねじりなどの運動ができるツイストボード、その場でステップを踏むステッパーやバランスボードなど場所を取らずに使用できるものもたくさんあります。
発汗作用を促進させるサウナスーツといった商品もあります。

食品タイプでらくらくダイエット

毎日運動するのはちょっと苦手、という人には、食品タイプのダイエット商品がおすすめです。
普段の食事をノンカロリーの甘味料や、こんにゃくラーメン、ノンカロリー食品などのダイエット商品に変えることで、全体の摂取カロリーを減らす方法です。

 

また、3食のうち1食をダイエットドリンクやスムージー、ダイエットクッキーなどのダイエット商品に置き換えることで、1食分の摂取カロリーを減らす方法もあります。
苦しい運動をせずに、摂取カロリーを減らすことで、ダイエット効果が期待できます。
酵素ドリンク、サプリメント商品などを併用して、腸内環境を整えたり、発汗作用や脂肪の燃焼を促したりして、体質改善に取り組む方法もあります。

ファスティングで自己改革

ファスティング施設を利用して、強制的に断食を行うという方法もありますが、自宅で一時的に行うプチ断食のように、時間や期間を限定して食事量を制限したり、食事を抜いたりする方法もあります。

 

毎日何時以降は食べない、とか毎週何曜日は断食する、などです。

 

断食の前後などの補助的食品として便利なのが、シェイクやプロテイン、ゼリーなどといったダイエット商品です。

 

ペーストや粒タイプ、ドリンクタイプなど様々な形態のものがあります。

目的に合わせてダイエット商品を選びましょう

ダイエットを意識するタイミングは、他人からの視線が気になるという心理から、薄着に変わる季節に多いようです。

 

また、歓送迎会の多くなる時期には、外食の機会も増え普段より多くカロリーを摂取してしまいがちです。

 

そういった時に何も対処しなければ、どんどん理想の体型、体質から遠ざかっていくことになります。

 

普段からダイエットを意識していれば、こうした急な変化にも慌てずにすみます。
炊事をするたびに、毎回毎回カロリーを計算してメニューを決めるのは大変です。

 

スポーツジムに通うのも、毎日というわけにはいきません。

 

今まで何もしてこなかった人が、すぐにダイエット効果を求めて過激な運動を始めると、

身体への負担が増えるばかりでなく、義務感が強くなり、また長続きもしません。

 

ダイエットに大切なことは、しっかりとした目標を持つことです。その目標があれば自分に合ったダイエット商品が何か、わかってくるでしょう。

ダイエット商品は手軽にダイエットを実行するうえでとても効果的です。

 

長期的に健康管理をしたいのなら、運動系ダイエット商品、手間暇をかけずに続けたいのであれば食品系ダイエット商品がおすすめです。

 

種類も豊富で、お試し特典があるものも多いので、自分に合ったダイエット商品を見つけるために色々試してみることもできます。

 

途中で挫折してしまわないように、長く続けられるダイエット商品を選びましょう。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL